企業研究

内定先がブラック企業!?ブラック企業か調べるためのポイントまとめ

更新日:

内定先がブラック企業か見極めるポイントまとめ!

長い就職活動を乗り越え、企業から内定をもらうことができると、ホッとしますね。

同時に、就職してからどんな生活が始まるのか想像する人も多いと思います。

 

軽い気持ちでインターネットに内定先を入力すると、「○○株式会社 ブラック」などの表示が出たりして、不安に駆られる人もいるかもしれません。

 

退職者やライバル企業が中傷している可能性もある現在。

どの情報が正しいのか、見極めがとても難しくなっています。

 

今回は、あなたの内定先がブラック企業かどうか見分けるための方法をいくつかご紹介したいと思います。

勤務条件、職場環境について調べる

改めて、内定先の勤務条件を確認しましょう。

振替休日やシフト勤務は、規定通りに施行されないことも多いので、注意が必要です。

社員の方と話をする機会があれば、どのように休日を過ごしているのか、さりげなく聞いてみてもいいかもしれません。

本当に充実した休日を過ごせていれば、きちんとお休みをとれている確認になりますね。

 

平均年齢が極端に若い会社も気を付ける必要があります。

出来て間のないいわゆる「ベンチャー企業」は、勢いがあっても、なかなか休むことができなかったり、福利厚生が二の次になっていたりする会社も多くみられます。

 

会社規模が小さくとも、創業から長く続いていて、40代以上の社員が多く在籍している会社はそれだけ居心地がよいとも考えられます。

しっかりと見極めるようにしましょう。

 

また、「若くして管理職になれます」などを謳っている会社も少し注意が必要です。

年功序列から成果報酬型へ仕組みが変わりつつある風潮はありますが、まだまだ日本の大半は経験に対して重きを置いています。

 

管理職が若い職場という事はその職に就く40代50代社員が少ないという現状があるかもしれません。

平均年齢と比例するところでもありますので、よく調べてみてくださいね。

離職率を調べる

『就職四季報』などでは新卒者が3年以内でどれだけ離職したかという「3年後離職率」が記載されています。

この離職率もチェックしてみましょう。

 

目安として、3年で3割の新卒者が離職している会社は注意が必要です。

パワハラやノルマがきつい、拘束時間が長いなどの社員にとって就労を続けることが困難な状況が考えられます。

 

気を付けることは、3年前に何人の新卒者が就職しているかも調べることです。

10名入社で3名辞めているのと、100人入社で30人が辞めているのでは、理由も変わってくるように思います。

 

女性であれば、結婚、出産なども退職理由としてあり得ますので、その辺りも少し考慮できるかもしれません。

 

ただ、今は出産後も働きたい女性も多いですから、それが叶わない会社だから退社しているとも考えられますが・・・。

 

内定式などで、出産後も勤務している人の人数を聞くなども一つの情報収集の方法ですね。

 本当の退社時間を調べる

勤務条件や離職率を調べてみても、実際のところはどうなのだろうという気持ちはぬぐい切れないかもしれません。

 

申告用紙に必ずしも全ての真実が記載されているとは言えない部分もあるかと思います。

 

是非、一度、退社時間と夜にオフィス近くを訪れてみてください。

退社時間に一斉に帰宅、ということはないかもしれませんが、パラパラと社員が出てくるようであれば、その企業はある程度、退社時間が守られているという事でしょう。

夜の11時を過ぎても煌々とオフィスに明かりがついていたら、その時間も勤務している人がいるということです。

 

勤務手当が出ているかまでは、わかりかねる部分もありますが、拘束時間がどれくらいなのかを調べる一番手っ取り早く、実際的な方法です。

内定先がブラックとわかったら、まずは相談しよう!

さて、もしそうして調べた結果、
「就職先がブラックだった!」
となったらどうすればいいでしょうか。

まずまっさきに考えるべきが、「就活のやり直し」です。
よく、「とりあえず三年」なんてことが言われますが、あれは危険な考え方です。
ブラック企業に入ってしまったら、三年後に市場価値が一切上がらず、そこから出られなくなるという危険があるからです。
さらに、身体やメンタルを壊してしまい、取り返しがつかなくなるということも考えられます。
そうならないためにも内定先がブラックと気づいたら、もう一度やり直すことを考えなければいけません。

ただ、本当にそこがブラックなのか、やり直すならどうやり直すべきなのかについては、
簡単に判断せず、プロに相談するようにしましょう。
今は便利な自体になったもので、無料で就活相談に乗ってくれるサービスがあります。
例えば、無料で就活相談をできるサービスで有名なのが就活ドラフトです。

こちらは担当のキャリアコンサルタントが就活の不安から面接対策まで、様々な面から相談に乗ってくれるというサービスです。
内定先がブラックとわかったら、まずはこちらのサービスで相談するようにしましょう。

まとめ

内定をもらうと同時湧き上がる不安もあると思います。

無我夢中で就活をしてきたからこそ、一度落ち着いて、内定先を確認してみる機会は持って良いのではないでしょうか。

世の中にはたくさんの会社があります。

社員を一番に考えてくれる会社もあれば、残念ながらブラック企業というものも存在しています。

人生の多くの時間を過ごすことになる会社について。

一度しっかりと調べて、安心して就職できるように行動してみてもいいのかもしれませんね。

adsense

-企業研究

Copyright© 戦略就活.com , 2021 All Rights Reserved.